丸山砦・丸山攻防戦跡(先佐久間信盛 後馬場信房陣地)  新城市八束穂
天正3年(1575年)の 長篠・設楽原の戦い の際、ここ丸山は織田軍佐久間信盛六千が守る砦だったが、武田軍右翼の馬場美濃守信房は手勢七百の少数部隊で攻撃し攻め取った。  この勢いに乗じて、真田兄弟、土屋昌次 らが 馬防柵 の第一柵を突破し、大宮前激戦 へと展開していく。
道路の向かい側には、上州産「矢立硯」の発見場所 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ