馬防柵・山碕多比良歌碑  新城市大宮字清水
設楽原の決戦で、最強を誇る武田騎馬軍団の足を止めるために、織田・徳川連合軍が造った柵。
日本で初めて、組織的に鉄砲を使った戦いが繰り広げられ、これによって、この後の合戦の様相が一変した。

   献歌碑 三千挺の鉄砲とどろく 天正三年五月二十一日 ここ設楽原    山碕多比良
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると、拡大表示されます

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ