大宮前激戦地   新城市八束穂1145
武田軍右翼に属していた馬場信春、真田信綱・真田昌輝兄弟、土屋昌次、穴山信君らと、織田・徳川連合軍の佐久間信盛、滝川一益、羽柴秀吉、丹羽長秀、蒲生氏郷、森長可、水野信元、佐々成政、前田利家などが激戦を繰り広げた場所で、馬防柵のすぐそばにある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ