出沢(すざわ)砦跡(出沢村砦)  新城市出沢字西沢
龍泉寺八平神社 の間の道を北に進むとすぐ突き当たりにある。
比高20mの丘陵地に築かれた砦で、元亀3年(1572年)頃に菅沼正貞がこの地に侵入した際、滝川助義と 設楽貞通 が共に駐屯した砦だという。
滝川助義が笠井肥後と相討になった地 は、ここより東側にある 花の木公園 の所にあり、滝川助義の墓は、県道21号豊川新城線と 新城総合公園 との間の 亦谷中世墓地 の中にある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年02月27日撮影 】

(1) 出澤砦跡(出沢村砦)遠景

(2)

(3)

(4)

(5)

(6) 滝川助義の墓は、亦谷中世墓地の中にある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ