旧大野橋の親柱   新城市大野山伏通
三河大野駅 前の宇連川に架かる 大野橋 は、大正12年(1923年)2月1日 に駅ができた時にに架けられたもの。
現在の橋は昭和30年(1955年)に架け替えられたものだが、この時の旧橋の親柱が、東陽小学校 のグラウンド横の駐車場入り口に移設保存されている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年12月01日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ