山本勘蔵信供の墓  新城市川路字寺ノ前98
山本勘蔵信供 は、武田の軍師 山本勘介晴幸の子で、天正3年(1575)5月、長篠・設楽原の戦いに20才の若さで討ち死にした。
信供らは、はじめ高坂昌澄らとともに、長篠城 監視隊として、寒挟川沿いに備えていたが、武田勝頼本陣 から全軍設楽原に終結し、決戦することを指示され竹広の山形高地に転戦した。
しかしこの時すでに遅く味方の軍勢は総くずれとなり、信供は単騎で徳川本陣 めざし斬り込み、渡辺半蔵守綱との戦いに敗れた。(看板資料より)
山本信供戦死の地 は大海地区にある。
山本勘蔵信供  山本勘介晴幸  高坂昌澄  武田勝頼  渡辺半蔵守綱 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ