御堂山・丹野城跡・御津磯夫歌碑   蒲郡市相楽町荒井      昭和49年3月7日  市指定史跡
文明元年(1469年)、萩原芳信 が、標高363mの御堂山山頂に全福寺 の僧徒を動員して築いた城。翌 文明2年(1470年)、「丹野城の戦い」で牛窪(現牛久保)の牧野古伯氏の攻撃を受け、わずか1年で全福寺と共に荒廃した。芳信は敵軍の襲来で御津町赤根へ落ち延びたところ 備後林 で家臣の裏切りに会い、馬上で自刃。この時、萩原芳信公の娘が自害した所と伝わる「姫塚」が、ここから西700m程の大塚地区にある。 萩原芳信の位牌は、菩提寺である 長興寺 にあり、祭神になっている 萩原神社 は豊川市御津町にある。
山頂には城跡の石碑が立っており、御津磯夫 の歌が刻まれている。丹野城山 めぐらして わが祖の 一代 栄えし趾 のこりたる 
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)ここから入る

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)道は整備されているので、迷うことはない

(5)

(6)

(7)

(8)所々に石仏が・・・・

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)御津磯夫の歌碑 【 2017年1月26日撮影 】

(16)写真をクリックすると拡大表示されます

(17)

(18)山頂より蒲郡市内を望む

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ