全福寺跡    蒲郡市相楽町 昭和46年1月20日  市指定史跡
全福寺は聖武帝の神亀年中、行基が十一面観音を刻み、これを祀ったのが起源という。 その後、源頼朝 が三河の守護安達藤九郎盛長 に命じて堂塔を建立させて三河七御堂の一つとして栄え、12僧院を備えた大規模な寺院で、天台宗に属する台密の修行道場でもあった。
文明元年(1469)、 萩原芳信 は全福寺の僧徒を動員して、標高364mの御堂山山頂に丹野城 を築いている。 しかし、翌 文明2年(1470)、「丹野城の戦い」で牧野氏の攻撃を受け、わずか1年で全福寺と共に荒廃した。    萩原左衛門    千鳥の香炉     
東三河の寺院  東三河の史跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2005年01月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)全福寺の僧徒を動員して築いた丹野城址

(5) 礎石跡 【 2019年2月18日撮影】

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ