龍徳院・糟塚砦跡  豊川市小坂井町樫王48
龍徳院は曹洞宗の寺院で、山号は大城山、本尊は龍徳院南無釈迦牟尼仏。
糟塚砦は、永禄5年(1562年)、東三河の統一を目指す 松平元康 によって築かれた。主に牧野氏の 牛久保城吉田城 を攻略する拠点として機能したといわれ、永禄7年(1564年)家康の 吉田城 攻めの時には、この砦に陣をはっている。
現在、砦址には天正4年(1586年)に開碁された龍徳院が建てられているが、本堂裏側に空堀と土塁が今も残っている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年01月15日撮影 】 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ