牛久保一色城址     豊川市牛久保町
室町時代足利氏の一族 一色刑部少輔時家 が、永享11年(1439年)に築城。文明9年(1477年)一色城主時家は、家臣 波多野全慶 に殺され、全慶が代って城主となったが、その後、明応2年(1493年)牧野古白 のために討たれた。 一色城主となった古白は、永正2年(1505年)今川氏の指図により今橋城(豊橋吉田城)を築いてそこに移ったので、次男 牧野成勝瀬木城 からこの一色城 に移るが、享禄2年(1529年) 牧野成勝牛久保城 を築いて移った後に廃城となる。        とよかわのむかしばなし「 牧野さまと牛窪

このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)城址には現在の大聖寺 が建つ

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ