八幡宮・末社  豊川市御津町御馬塩浜2番地
建久2年(1191年)三河の守護職 安達藤九郎盛長 が、相模国、鎌倉鶴岡八幡宮より勧請奉斎したのが始まりという。
安達藤九郎盛長は 三河七御堂 を建立したと言われ、墓は蒲郡市五井町の 長泉寺 にある。
祭神は誉田別命(ほむだわけのみこと)で、例祭日は8月の第1日曜日、午後2時からは 引馬神社 の御輿が八幡宮に渡御する 笹踊り・七福神踊り(御馬祭)が行われる。
  鳥居前の石柱は「八幡社」となっているが、鳥居と社殿の扁額は「八幡宮」なので、ここでは「八幡宮」とする。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年01月02日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)
拝殿左手の末社 【 2022年8月3日撮影 】

(9)

(10)中には琴平社、秋葉社、稲荷社が鎮座している

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます