本宮山遥拝所  豊川市諏訪西町2丁目
砥鹿神社本宮山奥宮 を遥拝するために、天保13年(1842年)に建立されたもの。
当初はここに大鳥居が建てられていたが、昭和20年8月7日 の豊川海軍工廠の空襲で被災。 今は、その時の被爆痕を残したまま、昭和31年(1956年)に 砥鹿神社の国道沿いに移築 されている。
道路向かいには、姫街道一里塚跡・豊川大空襲爆弾投下地碑 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年02月06日撮影 】

(1)

(2)

(3)道路向かいにはこんな石柱が建てられている

(4)ここにあった鳥居は、砥鹿神社に移築されている

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ