桐谷の不動滝と渡し場跡   新城市大野上貝津
国道151号線沿いに荒沢不動明王の鳥居があり、延々と続くつづら折りの石段を降りていくと、宇連川へ落ちる落差15m程の不動滝と、宇連川の渡し場跡に辿り着く。 この渡し場、今は対岸へと続く 桐谷の吊り橋 がかかっていて、これも景色になる。
滝は数条の糸状に落ちているが、この季節(1月)、雨も少なく決して水量が多いとは言えないのが残念。
                鳳来の伝説 「桐谷の鳳凰と竜」
不動滝に下りる鳥居の足元には 桐谷坂の道標 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)この鳥居をくぐって下に降りて行く。

(2)

(3)急な階段の九十九折。下の方に宇連川が見える。

(4)桐谷の吊り橋も上から眺められる。

(5)

(6)

(7)

(8)橋から上流を眺める

(9)桐谷の吊り橋にも行ける。

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ