鳴子網架設地   新城市有海
天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて、武田勝頼 は1万5千人を率いて長篠城 を囲み、8日から14日にかけて猛然と攻めたが、奥平貞昌は500人の城兵で対抗し、城はなかなか落ちなかった。そこで武田軍は川に鳴子網を張って脱出兵を厳しく見張り、兵糧攻めの作戦に出るが、5月14日、鳥居強右衛門 は城主奥平貞昌の命令を受けて夜半に城を抜け出し、川中の鳴子網を潜って豊川を下り、4Km下流の広瀬に上陸、雁峰山で「脱出成功」の狼煙を上げた。  新城昔ばなし「 鳴子網
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1) この牛渕橋(うしぶちばし)を渡ると県道69号に出る

(2)

(3)

(4) 牛渕橋の下には高岩弁財天が祀られている

(5)  鳴子網を潜って豊川を下り、広瀬に上陸し・・・・、

(6)雁峰山で「脱出成功」の狼煙を上げた

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ