旗頭山尾根古墳群(はたがしらやま)   豊川市金沢町藤弦31  新城市八名井字反林8 昭和53年(1978) 5月29日  県指定史跡
旗頭山の尾根に分布する積石塚と土石混合墳からなる6〜7世紀の群集墳で、その総数は38基というが、そのうちの24基が愛知県指定史跡として保存されている。 そして、崩壊の危機にあった26号墳 は、桜淵公園の青年の家に移築復元されている。
また、10基程を見つけた途中に説明板があり、ここに、古墳の配置図が書かれている・・・・・もっと入口にあれば、探すのに苦労しなかったのに・・・・
これから行ってみようとする方は、下の 「説明板拡大表示」 を印刷してお持ち下さい。 これで古墳探索がず〜っと楽になるはずです。
     ふるさとの伝説・昔話 「 旗頭山の由来
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年06月29日 撮影 】

(1) 長慶寺 の南から、金沢墓園と旗頭山を望む

(2) 墓地の一番奥を目指すと駐車場があるので、ここに車を停める

(3) どうしてこんな事になるんだろう??

(4) ここをすぐ左に曲がって・・・

(5) お墓の横の石段を上る

(6) 突き当りまで行って

(7) ここの左手を入るが、道らしきものは無い・・・

(8) 草をかき分けて進むが、かぶれの木が多いので要注意!

(9) この石段を登って右に進めば、旗頭山へ

(10) 下に見えるのが、先ほど進んできた墓地

(11) 尾根に古墳標柱が点在しているのが判る

(12) 途中には説明版があり、標柱の位置が分かる。 入口に欲しい!

(13)  写真をクリックすると拡大表示されます

(14) 写真をクリックして拡大し、それをプリントアウトして下さい

(15)

(16) 旗頭山から本宮山を望む

(17)

(18) 積石塚?

(19) 左右に流れる川が豊川、上下に進む県道69号線を見下ろす

(20) 頂上の市境?

(21) 以下、1号墳から順番に・・・・

(22) 2号墳

(23) 3号墳

(24) 4号墳

(25) 5号墳

(26) 6号墳

(27) 7号墳

(28) 10号墳  8、9号墳はどこにあるかわからない・・・

(29) 11号墳

(30) 12号墳

(31) 13号墳

(32) 14号墳

(33) 15号墳

(34) 16号墳

(35) 17号墳

(36) 18号墳

(37) 19号墳

(38) 20号墳

(39) 21号墳

(40) 22号墳

(41) 23号墳

(42) 24号墳

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ