大林意備大人之墓    豊川市平井町小野田8
大林重兵衛意備(もとよし)は天保14年(1843年)、豊川市為当町で生まれ、明治33年(1900年)、稲荷山貝塚を発見したことで知られている。 また、歌人でもあることから、小坂井西小学校の校歌も作曲している。
この大林意備の墓が平井共同墓地の中にあり、同じ墓地の中に、清水次郎長一家に襲われた風雲亀吉(平井亀吉)と黒駒の勝蔵の子分たちの墓と言われる 無縁法界の墓 がある。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年06月22日撮影 】

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)同じ墓地に無縁法界の墓の墓もある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ