龍拈寺(りゅうねんじ)牧野古白の墓    豊橋市新吉町3
吉田山龍拈寺は、大永元年(1521) 吉田城 主牧野信成が父牧野古白の菩提を弔うために建立したいう曹洞宗の寺院で、山号は吉田山(きちでんさん)、本尊は十一面観音。 豊橋西国三十三観音第1番霊場東海圏新西国三十三観音第16番霊場吉田三ヶ寺の一つ。 山門は、平成6年3月3日 市指定有形文化財 となっている。
毎年、節分の2月3日には境内に特設ステージが設けられて、招福ご祈祷大節分会 が開催され、多くの人で賑わう。
龍拈寺門前で今川氏真 が13人の人質を串刺の刑に処し埋葬したという十三本塚 は、ここから南に下った富本町にある。
  龍拈寺  吉田城   牧野古白  今川氏真 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年02月18日更新 】

(1) 山門は、 市指定有形文化財

(2)  写真をクリックすると拡大表示されます

(3)

(4)   写真をクリックすると拡大表示されます

(5) 牧野古白の墓

(6)  写真をクリックすると拡大表示されます

(7) 薬師堂は道路を挟んだ向かい側にある

(8) 招福ご祈祷大節分会は、毎年、節分の2月3日に行われる

(9) 大クスは墓地の一角にある

(10) 13人の人質を串刺の刑に処し埋葬したという十三本塚

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ