設楽原歴史資料館・岩瀬忠震公之像  新城市竹広字信玄原552
設楽原の決戦(1575年)のあった戦地に、新城市の歴史を集約することを目的に平成8年(1996)4月開設。
長篠・設楽原の戦いを多くの古文書から紹介するとともに、この戦いを象徴する火縄銃を様々な角度から展示している。
歴史の分かれ道となった「鉄砲の戦い」の紹介とともに火縄銃について日本有数の資料館をめざし、設楽原の戦いコーナー、岩瀬忠震コーナー、企画展示コーナー、火縄銃コーナー、火おんどりコーナーに分かれている。 火縄銃コーナーでは日本一の数を誇る火縄銃が展示されている。
以前には無かったが、今は岩瀬忠震公之像が建てられている・・・・・勝楽寺には岩瀬忠震公の顕彰碑がある。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年03月12日更新 】

(1)

(2)

(3) 以前には無かったが・・・・

(4) 今は岩瀬忠震公之像が建てられている

(5)

(6)  写真をクリックすると拡大表示されます

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14) 障害者用トイレは駐車場の脇にある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ