岩瀬忠震顕彰碑(いわせただなり)  新城市川路字市場
岩瀬忠震 は文政元年(1818) 設楽原を治める旗本設楽貞丈の3男として生まれ、江戸の昌平坂学問所で学び幕吏となる。
嘉永8年(1853)ペリーが来航した時に、目付として対米交渉に当たり、安政5年(1858)には アメリカ領事ハリスと交渉し日米修好通商条約 に調印。
しかし安政5〜6年(1858〜1859)にかけて井伊直弼 の断行した安政の大獄により免職させられ、文久元年(1861)44才で病死。
岩瀬忠震の顕彰碑は、勝楽寺入口の左手にある。
岩瀬 忠震  昌平坂学問所 日米修好通商条約 井伊直弼 安政の大獄 詳しい地図はここをクリック  一つ前へ戻る  HOMEへ戻る
 

(1) 勝楽寺

(2) 岩瀬肥後守忠震百五十回忌記念植樹の「菩提樹」

(3) 岩瀬忠震顕彰碑

(4) 岩瀬忠震公之像は設楽原歴史資料館にある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ