コロミツ坂(信長賞詞の地)
長篠・設楽原の戦いが終わった翌22日、織田信長は長篠城 を死守した長篠城主 奥平貞昌 を有海の小呂道(コロミツ坂) に呼び寄せ、その戦功をたたえ、杯と信長の「信」の一字を与えた。以降、は奥平貞昌は奥平信昌と名乗る。
また、徳川家康 からは名刀 般若長光を授けられ、家康の娘である亀姫 を娶らすと約束され、翌年、信昌は 新城城 を築いて亀姫を娶り、徳川の譜代大名への仲間入りとなる。 この時、貞昌は若干  21歳。 亀姫はのちに 大善寺 を建立、ここに母の墓碑を建てる。
            新城昔ばなし「 永観寺あたり
長篠・設楽原の戦い 奥平貞昌 亀姫 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ