徳川家康物見塚・八剣山陣所(やつるぎやま)  新城市竹広
天正3年(1575)5月18日、武田軍に包囲された長篠城 を救うために、家康は信長と共に設楽ヶ原に出陣、八劔神社に本陣 を置き、武田の騎馬隊に対して 馬防柵 を造った。 戦が始まると、武田軍が一望出来るここ八剣山の物見塚へ移り、陣頭指揮指揮をとった。
すぐ上には、断上山古墳 がある。


長篠の戦い  徳川家康  織田信長  詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年10月15日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

物見塚より戦場を見下ろす

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ