増瑞寺屋敷(設楽氏居館)(ぞうずいじ)  新城市富永字原ノ内1 昭和33年4月1日  新城市指定史跡
鎌倉期に設楽氏が設けた居館跡で、設楽氏発祥の地といわれている。
増瑞寺入り口手前の集会所前に「増端寺山門跡」の石碑があり、この道の突き当りが増瑞寺で、設楽氏の居館跡。
増瑞寺は、臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は龍安山、豊鳳二十一弘法大師13番霊場。 天正2年(1574) 野田城菅沼定盈(さだみつ) が創立し、設楽ヶ原の戦い後、新城城奥平信昌が再建したもので、地蔵堂は信昌の妻亀姫〔家康の長女〕が深く信仰していたと云う。

 菅沼定盈  奥平信昌  亀姫  長篠・設楽ヶ原の戦い 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ