野田城跡・野田城稲荷  新城市豊島字本城
永正5年(1508)菅沼新八郎定則が築城し、その後、子の定村、孫の定盈(さだみつ)3代の居城となる。菅沼氏代々の墓碑は泉龍院 にある。
野田城から流れる笛の音に誘われた武田信玄を火縄銃で狙撃したと伝わる場所が井戸の傍にあり、信玄が 狙撃されたと云う場所 は、すぐ西側の坂を下った所にある法性寺にある。  新城の昔話「 明笛のひびき
また、法性寺の山門は、野田城の門を移築したもので、その傍には、野田城戦死病没者慰霊供養塔 が建てられてある。

  野田城  菅沼新八郎定則  武田信玄 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年10月01日更新 】

(1) 二の丸入り口:写真をクリックすると拡大表示されます

(2)

(3)

(4) 

(5)野田城稲荷

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)武田信玄が鉄砲で撃たれた場所は法性寺にある
(14) 法性寺にある野田城戦病歿者慰霊供養搭

(15)武田信玄を撃った鉄砲は宗堅寺にあるという

(16)野田城主菅沼氏代々の墓碑は泉龍院 にある。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ