法性寺 武田信玄が鉄砲で撃たれた場所 野田城戦死病没者慰霊供養塔  新城市豊島字竜谷4
元亀4年(1573)、武田軍が野田城 を包囲した折、武田信玄は毎晩野田城からながれてくる見事な笛の音を、この場所に出て聞きほれていた。 そこを野田城内から菅沼定盈配下の鳥居半四郎の鉄砲で撃たれ負傷し、その傷がもとで信玄はまもなく亡くなったと伝えられる。  (看板資料より引用)       新城昔ばなし「 川田の長者」、 明笛のひびき
狙撃された場所は、境内左手の石段を登って行った所にあり、この時使用した鉄砲が宮ノ前の宗堅寺 に保存されている。
また、法性寺の山門は、野田城 の門を移築したもので、その傍には、野田城戦死病没者慰霊供養塔 が建てられてある。
 武田信玄  菅沼定盈 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年10月01日更新 】

(1)

(2) 野田城の門を移築した山門

(3)

(4) 野田城戦病歿者慰霊供養搭

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)  武田信玄を撃ったという鉄砲は宗堅寺にある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ