弘法山園地・ 14等級 大当峯神社  新城市豊岡田ノ嶋52-1
弘法山園地は、軽自動車しか通れないことで知られる 「弘法山踏切」 の上にあるため、湯谷園地の駐車場に車を停めて、弘法山園地を通って一周するコースを選んでみた。 園地にある大當峰神社は昭和25年5月17日、蓬莱町富永寺林に鎮座の大当峯神社の御分霊をうけて創祀したという。 
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、天穂日命(あまのほひのみこと)、天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いくつひこねのむみこと)、熊野樟日命(くまのくすびのみこと)、狭依比売命(さよりびめのみこと)、多紀理比売命(たきりひめのみこと)、多紀津比売命(たきつひめのみこと)、金山毘古命(かなやまひこのみこと)、金山比売命(かなやまひめのみこと)を祭神とし、例祭日は4月9日。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年12月13日撮影 】
PHOTO-1

線路を渡って、左手にある坂道を上っても行けるが、今回は線路伝いに真っ直ぐ進む。

PHOTO-2

線路に沿って歩く。
ここは軽自動車しか通れない狭い道。

PHOTO-3

弘法山踏切を渡ると・・・・

PHOTO-4

すぐ右手に石段が見える。

PHOTO-5

90段の石段を上って行くと・・・

PHOTO-6

PHOTO-7

弘法山の広場に出る。

PHOTO-8

大当峯神社

PHOTO-9

PHOTO-10

弘法山から鳳来峡を望む

PHOTO-11

養乙女橋を上から眺められる

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

広場の東側の道を下りて行くと、

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-1の踏み切りに出て、一回りした事になる

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ