浄泉寺のしだれ桜  新城市字宮ノ西7
片桐山浄泉寺は、文禄元年(1592) 吉田城主 池田輝政の家老で新城城主でもある片桐半右衛門正義によって創建。 
片桐半右衛門は、天正18年(1590)に石田城 も築いているが、慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い後、池田輝政の姫路転封に伴い片桐氏も同行、石田城は廃城となり、新城城は天領となる。
この浄泉寺の境内には2本の枝垂れ桜があり、特に本堂前の桜は見応えがある。 

池田輝政 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年03月30日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)写真をクリックすると拡大表示されます

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)
(20)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ