引地の燈籠型道標   新城市豊岡細筋
三河大野駅 から線路沿いの道を進み、飯田線を横切る手前を右に進むとすぐに引地公民館がある。昔は、この公民館の前に道標があったそうだが、現在は地元の方が100m程先の自宅の敷地内に移したという。
安政4年(1857年)に建てられた燈籠型の道標で、「右 あきは街道  左 ほうらいじ道  秋葉大権現 峯薬師如来 村中安全」と書かれている。右へ行けば、桐谷の渡し を経て 桐谷坂の道標 から秋葉街道へ、左へ行けば、引地の滝 から 鳳来寺 へ向かうことになる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年02月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)右 あきは道

(4)左 ほうらいじ道

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ