相楽の十王堂     蒲郡市相楽町細田
相楽の 養円寺不動院 の中間に位置し、道路脇に建っており、大きな説明板があるのですぐにわかる。
中央の南無地蔵菩薩は寛永9年(1632年)、他の10体の像は江戸末期のもので、善福寺多福院の十王だったという。
    西の郡の民話「 相楽の十王堂


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年12月24日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)
(5)一番左が地蔵大菩薩
(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ