養円寺のヒノキ  蒲郡市相楽町上ミ61
養円寺は、天授元年(1375)に創建された曹洞宗の寺院で、山号は宝国山、 穂の国三十三観音第12番札所。 山門の上には、覆いかぶさるようにそびえるヒノキの大木があり、主幹が根元から2本に分かれ、見上げると真っ直ぐに延びた太い幹から何本のもの枝がくねる様に延びている。
樹高 24m、幹周は 太幹が 3.7m、細幹が2.73m、根回り 7.21m、推定樹齢 500年以上の老木で、地元では「夫婦ヒノキ」 と呼ばれ、 蒲郡の名木50選(3) の一つになっている。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年06月18日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ