力寿の碑・力寿の桜   豊川市財賀町栃ノ木
力寿姫 は赤坂の長者・宮路弥太郎長富の娘で、美しく歌舞伎に優れていた。三河国司を務めた大江定基 に愛されたが、ほどなく病により亡くなる。 この碑は力寿姫と大江定基のロマンスを伝えようと江戸時代に建てられたもの。
力寿姫の菩提を弔うために建てられた寺、長福寺 は赤坂町にあり、裏手の墓地には力寿姫の墓 が建てられている。
春には桜の花が一層趣を添えてくれる。
   サクラの花は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 【 2011年04月10日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)
2019年4月3日 説明板を追加

(9)

(10)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ