柏木浜・志香須賀の渡し   豊川市平井町神明2
樫王社 のすぐ横にある。
平安時代の頃、豊川河口付近の川幅は今よりも広く 4㎞程もあり、往来する人々は船でこの川を渡ったという。  
この渡しを志香須賀(しかすが)の渡しといい、右岸の船着き場が柏木浜(かしわぎのはま)で、対岸は豊橋市牟呂町坂津であったと伝えられる。平成9年3月3日   市指定史跡     小坂井のむかし話「しかすがの渡し」
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)写真をクリックすると拡大表示されます

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ