久保村古屋敷址    豊川市久保町上見堂
久保神社参道入口から 久保神社 に至る参道西側は、永正年間(1503年~1520年)、牛久保牧野氏の一族で、久保村地頭牧野平次(” 平治 ” の記述もあり)の屋敷跡だったという。
現在は住宅、畑地となっいるが、威宝院 の周辺には、「下屋敷」という字名が、今も残っている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年08月06日撮影】

(1)久保神社参道入口

(2)久保神社

(3)西側

(4)東側

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ