国府の市(国府市)   豊川市国府町商店街
赤坂陣屋 の代官 国領半兵衛が貞享2年(1685年)、家臣の片岡丈右衛門に命じて国府に市を開かせたのが、国府市の始まり。
国府観音 には、「国府市開祖」と書かれた一対の小灯篭がある。
当初、国府市は4,9の六斎市だったが、いつの頃か「歳の市」に変わり、今では、2月11日(建国記念日)に開かれている。
国府市名物の”厄よけ餅” これを食べると夏病みをしないとの言い伝えがあり、買い求めるには、予約するか、行列の中に入って待つしかない。 売切れにご注意!
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2010年02月11日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)
(11)
(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ