清宝寺とソテツ(蘇鉄)  豊橋市中世古町148
清宝寺は真言宗醍醐派の寺院で、山号は金剛山、文明年間(1469年~1487年)の創建という。 
本堂左手前には蘇鉄の木があり、7月に訪れたら8つの花が咲いていたが、これは極めて稀なことだという。
また、10月の第4日曜日、13時からは 不動明王大祭 が斎行される。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年07月05日撮影 】

(1)

(2)

(3)本堂と護摩壇

(4)

(5)十三重塔と四国八十八ヶ所

(6)

(7)弘法大師像

(8)十二支守本尊

(9)2016年7月5日、花が咲き出した

(10)

(11)7月19日には、ここまで成長・・・・

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ