賀茂神社の楠     豊橋市賀茂町字神山2
賀茂神社 本殿の手前に樹齢凡そ1,000年以上と云われる巨大な御神木の楠がある。  
天正元年1月7日、徳川家康が 野田城 の合戦に敗走して、この御神木の空洞に身を隠し、危うく危地を脱したという。



このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年04月22日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)徳川家康は、この空洞に身を隠して助かったとか・・・

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ