豊川稲荷遥拝所と道標   豊橋市下地町2丁目
県道387号清須下地線(旧東海道)のとよばしの手前100m程の所にあり、江戸末期には豊川稲荷の道標と大鳥居があったという。
豊川稲荷遥拝所は 愛知御津駅の傍 にもあり、それぞれの大鳥居が、現在の 豊川稲荷 の一の鳥居と二の鳥居として移設されたとのこと。
そして、ここから豊川稲荷に向かって1町(109m)程を 稲荷世古 といい、瀬古には辻観音と道標がある。
この前の道は頻繁に通るのだが、最近まで全く気が付かなかった・・・m(__)m
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年05月05日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)右 御油道

(6)左 吉田道

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ