海苔創業者杢野甚七碑(もくの じんしち)   豊橋市前芝町西青
杢野甚七(1814年~1904年)は、三河地区で初めて海苔養殖に成功、全国屈指の海苔の産地として三河海苔養殖の基礎を築いた。
明治37年(1904年) 90歳で没。
碑は、豊川放水路の河口、前芝の燈明台 より海寄りの所に建てられている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年8月15日更新 】

(1)残念ながら碑の前には政党のポスターが貼られている・・・

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ