金座淵と千代姫橋   北設楽郡東栄町大字中設楽字西向13-3
国道151号中設楽の信号から国道473号に入って設楽町に向かうと、すぐに大千瀬川に架かる御殿橋を渡る。 この橋の上からは、こはぜ淵 を望むことができる。そして、千代姫荘 の前を過ぎて御殿川に架かる千代姫橋を渡ると、渡り終わった所にガードレールの切れ目があって、ここに金座淵の説明版がある。ここから川に下りることができるが、足場は極めて悪い! 滑り落ちないように注意しながら川原に下りると、エメラルドグリーンの淵が広がる。水泳場としては絶好の場所! 川下を眺めれば、いま渡って来た千代姫橋を下から見上げることができる。
ここでは砂金が採れたというが、千代姫荘の裏には 謎の洞窟金堀場 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年03月11日撮影 】

(1)千代姫荘の前から設楽町に向かって千代姫橋を渡る

(2)渡った後、後ろを振り返る。左奥に見えるのが千代姫荘。

(3)

(4)親柱には千代姫が出迎えてくれる

(5)橋を渡ってすぐの所にあるここから川へ下りる

(6)

(7)足場は極めて悪い

(8)下から見るとこんな感じ

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)川原から千代姫橋を見上げる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ