赤羽根城址   田原市赤羽根町宝珠
徳川家康は永禄8年(1565年)、今川方の 田原城 を攻略し、渥美半島全域を制覇。 三河国幡豆小笠原新九郎安元にこの地を与え、赤羽根、芦、赤沢3ヶ村を領し、その時に築いたのが赤羽根城だという。
その後天正18年(1590年)、家康の関東転封と共に廃城となる。
しかし、現在では畑地となり、遺構は残っていない。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年08月16日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ