田戸神社(いぼ神様)   田原市小中山町西山1番の3
祭神は面足命(おもだるのみこと)で、毎年10月中旬の土曜日・日曜日には、珍しい「かあかまつり」 が行われる。
田戸神社の入り口には、「陸軍技術本部伊良湖試験場跡」の門柱が残り、ここから幾重にも立ち並ぶ鳥居をくぐって拝殿にたどり着く。
神社内には沢山の玉石が敷き詰められおり、この丸石で「いぼ」取りを祈願し、持ち帰っていぼを擦ると「いぼ」が取れるといわれている。  このことから地元では「いぼ神様」 と呼ばれている。 そして、願い通りいぼが取れたら、石を100倍にして返納するとのこと・・・・・
    渥美町の伝説 「お田戸さんといぼ」
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2012年07月15日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7) 

(8)

(9) 拝殿の中には、丸みのある石がぎっしりと敷き詰められている

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ