長仙寺道標  田原市六連町長仙寺前
長仙寺 の西の交差点の南東角にある道標で、大正12年に建てられたもの。
豊島駅 から蜆川沿いに長仙寺へ続く道、今の県道397号城下田原線は、田原街道と伊勢街道を結ぶ往還として利用され、廃藩置県で郡道となったため、この道標の向かい側には 杉山村道路元標 もある。
道標としては珍しい円柱の石造りだが、今では、カラーの大きな看板が立てられていて、その存在感が無くなっている・・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年12月27日撮影 】

(1)長仙寺西交差点

(2)交差点の南角にある

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ