冨賀寺の池泉式庭園   新城市中宇利高田46
冨賀寺 の客殿西側に、元禄5年(1692年)頃に作庭されたという約120坪の池泉式庭園で、 昭和61年(1986年)6月6日 新城市指定名勝となっている。
庭園の入口は格子戸になっていて、その横に 「庭園拝観志納箱」があるので、ここに ” 志 ” を納めて中に入る。
庭園には沢山の築山が築かれており、中には石橋や石組みの滝もある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年03月10日 撮影 】

(1)庭園拝観志納箱に志を入れて、この門から入る

(2)写真をクリックすると、拡大表示されます

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)この先行き止まり

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ