黄柳野のカヤ(榧)の木・カヤの実  新城市黄柳野字郷ヶ平 市指定天然記念物
嘉永6年(1853年)に現所有者手塚氏の先祖が 法正寺 からこの場所を譲り受けたもので、幹周 5.6m、樹高 13.9m、推定樹齢 500年以上のかやの木。
広い平地の中に聳えているので、遠くからでも確認できる。

初夏には楕円形の実が生り、食べられると云う・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)県道からの眺め、橋の向こうにカヤの木が確認できる

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)
2022年6月3日、実が生っていた・・・!

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


© All Rights Rserved