医王寺山砦(武田勝頼本陣跡)  新城市長篠字碁石   市指定文化財(史跡)
天正3年(1575年) 4月長篠の戦い の時に、武田勝頼 が三千の兵で医王寺の裏山に布陣、長篠城 攻めの本営として築いたもので、長篠城を包囲する武田軍の各陣をくまなく展望することができる。
医王寺 本堂前には 「武田勝頼公本陣跡」 の碑がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年03月02日更新 】

(1)医王寺の裏山に展望櫓が見える

(2)医王寺の東側のこの道を進み・・・・

(3)ここから登る

(4)階段が続く

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)平成26年(2014)6月完成の新しい物見櫓

(10)それ以前はこうだった・・・(2012年5月24日撮影 )

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ