神荒居遺跡  新城市庭野字神荒居54・34
新城橋の南で国道301号と立体交叉する細い道を 桜淵公園 に向かうと、400m程進んだ道路左脇に、昭和33年(1958年)4月1日に市指定文化財(史跡)となっている神荒居遺跡がある。
しかし、この遺跡に関する情報は得られていない。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 【 2021年08月20日撮影 】

(1)新城橋から桜淵公園へ向かうと、道路左脇にある

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ