医王寺・弥陀池・片葉の葦   新城市長篠字弥陀の前256番地
医王寺 に陣を敷いた 武田勝頼 は、決戦の前夜の枕元に白髪の老人が現れて、「私はこの池の葦の精霊である。 明日の戦いは無謀なので武田軍が負けるからやめるように。」と告げたところ、勝頼はとっさに太刀で斬りつけ、片手を切り落とした。 翌朝、この弥陀池の葦はすべて片葉になっていたという・・・ 
この弥陀池は、医王寺山門の左手前にある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2011年08月22日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ