白鳥の石仏  新城市作手白鳥宮下
県道437号作手清岳新城線を北上し、作手高松の 釜蓋峠 を超えて 相寺白鳥神社 の手前200m程の所で、左手に国道301号に向かう道が伸びている。この三叉路の左手前角に一体の石仏が祀られている。 頭の部分が欠けているので定かではないが、馬頭観音の様だ・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2022年05月04日撮影 】

(1)釜蓋峠を下った所で振り返る

(2)相寺白鳥神社に向かう手前三叉路の角に祀られている

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ