高徳の石燈籠・煙巌山道標   新城市門谷下浦
鳳来寺表参道( 歴史が歩いた坂道  )の入り口から200mほど進むと、二の門の手前左に石燈籠があり、燈籠には「煙巌山高徳」の文字が彫ってある。ちなみに、「煙巌山」は鳳来寺の山号。
昔、利修仙人は、この燈籠の所から山に登って修業したといい、修業した場は「利修仙人護摩所」として今も残っている。 そして、ここが「煙巌山の入り口」だと示した道標でもある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年09月17日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)煙巌山高徳の文字が・・・

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ