鳳来寺    新城市門谷字鳳来寺1
真言宗五智教団の本山で、山号は煙巌山、本尊は開山の利修作とされる薬師如来。 文武天皇 の大宝3年(703年)利修仙人 によって開山され、後に源頼朝 の再興と伝わっている。

江戸時代になってからは、松平広忠 と夫人於大の方 が鳳来寺の峯薬師如来に子授けを祈願し、家康を授かったという縁起によって、幕府の厚い保護を受け、3代将軍家光の時には21院坊、寺領1,350石という盛大さだったという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
   

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ