海辺の文学記念館   蒲郡市竹島町424-1 
蒲郡のシンボル竹島 の橋のたもとには、かって、大正・昭和初期に多くの文人・墨客である菊池寛、川端康成、谷崎潤一郎 などの活動の舞台となった高級料亭「常磐館」(明治45年(1912年)開業)があった。 その常磐館の跡地の木立の中に平成9年(1997年)5月11日開館の白っぽい洋風木造建物。 館内には、常磐館に関わる作家たちの紹介と関連作品、常磐館の調度品などが展示してある。
また、常磐館や蒲郡ホテル(現蒲郡クラシックホテル)の開業、竹島橋 や三谷の子安弘法大師像 を寄付した滝信四郎氏之像もある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年10月12日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)滝信四郎氏之像

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ